銀波露ファミリーの札幌北区「麺ぬうぼう」のラーメン

ラーメン大好き新之介です。

今回は初来店の店です。札幌市北区にある

Rahmen Kitchen 麺ぬうぼう (Noo Boo)

です。

ここは江別が本店の「らぁめん 銀波露」セカンドブランドとして2013年5月に

オープンしたばかりのお店です。

実のところ、僕は銀波露のラーメンが苦手で避けていたお店だったのですが、

近くに行く用事があったので、意を決して行ってみることにしました。

ちなみに、銀波露の苦手なところは店内の強烈な豚骨の匂いで

やられてしまい、ラーメン自体は正直あまり味を覚えてません・・・

(銀波露ファンの方ごめんなさい><)

で、話を戻しまして、「ぬうぼう」です。

DSC_0181

駐車場が店前に6台駐車できるようになってますが、少々狭く

混雑時は厳しいかな。隣は交番なので、路駐はもってのほかです(笑)

で、おそるおそる店内に入ってみましたが、強烈な豚骨の匂いは

ありません!これは銀波露の匂いがダメな人も全然問題ありません。

メニューはこんな感じ。

DSC_0172

ラーメン

  • とんみそ(750円)
  • 鶏しお (850円)
  • 魚介醤油(750円)

トッピング

  • 全部のせ   (300円)
  • ちゃーしゅー (200円)
  • 軟白ねぎ   (150円)
  • 味付煮玉子  (100円)
  • きくらげ   (50円)

サイドメニュー

  • ごはん     (150円)
  • ちゃーしゅー丼 (300円)
  • ジュース    (150円)
  • 瓶ビール    (500円)

僕は味噌ラーメン好きなので、迷わず「とんみそ」を注文です。

DSC_0177

まずはスープは、商品名にもある通り豚骨味噌です。

見た目かなりこってり系かなと思ったのですが、一口飲んでも

そこまでこってりではなく飲みやすいスープでした。むしろ最初は

ちょっと物足りないかなって思ったくらいでした。

が、麺を食べると感想は変わりました。

細めの縮れ麺だったのですが、これがスープのとろみと

合わさってよく絡みます。

スープがもう少しパンチが効いた味だと、食べ続けると

飽きが来てしまう感じになるので、この少し物足りないくらいが

ちょうどよかったなと食べ終わった時に感想は変わってました。

こういった感想を持ったラーメンは初めてでクセになる味って

感じですね!

DSC_0179

(写真ピンボケですいません・・・)

具材は、とろとろの豚バラのチャーシュー、きくらげ、ネギ、

ゴマ、そして玉ねぎのみじん切りです。

玉ねぎのみじん切りが乗ってるラーメンは初めてでしたが、

とても気に入りました。

濃厚ラーメンの中のさっぱりとした癒やし具材がGoodです!

でも、今回の一番はチャーシューです。

今まで食べてきたとろとろ系チャーシュー部門のなかでも、

かなり上位です。

チャーシュー丼も一緒に頼んだのですが、これがまた旨い。

こちらの詳細は次回の鶏しお編で合わせてご紹介します。

ひとつ残念だったのは、トッピングでついてくるチーズ。

おそるおそる最後の方に入れて食べたのですが、想像通りの味で

やっぱり僕にはちょっと合いませんでした。

味は変わって確かに面白いなとは思いましたが、美味しいかと

言われると、入れないほうがいいかなって感じでした。

店舗名 Rahmen Kitchen 麺ぬうぼう (Noo Boo)
住所  〒001-0908 北海道札幌市北区新琴似8条4丁目1−5
営業時間  11:30~15:00、17:00~20:30
定休日  不定休
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。