たちの季節がきましたよー♪冬の絶品味覚!真鱈(まだら)の白子が美味い!!!

こんにちは。

晴翔です。

今回は北海道冬の味覚!絶品の「たち」です!!

鍋にてんぷら。湯がいて「たちポン酢」♪♪♪

いやー。この季節がやってきました。

旭川は内陸なので、海産物は全くとれないのですが、北海道のほぼ中央の都市になることから、それぞれ色々な産地の物が中継地点もかねて集まってきます。

なので、海産物といえどスーパーでも普通に新鮮な魚を買うことができます。

そして昨日買い物をしていてふと見つけた「真だち」

しかも買いにいったのも夜少し遅くなった事もあって半額!!

即座にかごにインです(笑

知らない方のために。

「たち」とは雄の”鱈(たら)”からとれる「白子」です。そして北海道弁になるんですね。ちなみに雌からとれる卵がみんな大好き「タラコ」です。

そして僕はこの「たち」が大好物!!

外サク。中トロ。のてんぷらもかなり美味しいですが、味噌汁の具としても捨てがたい。。。

ただ、やはりシーズン最初は「たちポン酢」からでしょう!

「たちぽん酢レシピ」

塩もみしてぬめりをとったりするのは多少面倒ですが、できあがりのぷりぷり感が格段に上がります!

みんなでワイワイ鍋も素敵ですねー。

身の方の鱈もたくさん入れて出汁をきかせつつ、下ごしらえした「たち」にさっと火を通せば最高の鍋になることでしょう♪

寒い冬にはもってこいです。

さて、同じ「たち」でもこの時期2種類の「たち」がお店に並びます。

真鱈スケソウダラの「たち」です。しかしこれらは値段も違いますが、味も違います!

やはりここは真鱈の方。「真だち」です!

食べた感じの一番の違いはぷりぷりの食感ですね。

スケソウダラの「たち」では、なかなかこうはいきません。

まぁお値段の差もあるので、いつも買うときはお財布と相談しておりますが。。。

不漁だったり、正月時期になると北海道でも値段が跳ね上がりますが、やっぱり冬はせめて2~3回は食べたい一品ですよねー。

あ、ちなみに昨日買った「たち」はお味噌汁とたちポン酢になりました♪

美味しかったー!

次はてんぷらです!

冬限定の絶品北海道の味覚!

ぜひ食べてみてくださいねー

それではー

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。