『かすべの一夜干し』に一目惚れ!絶対に食べるべき北海道が誇る激旨珍味発見☆

先日、雪解けを待てずに外での焼肉を強行してしまいました。

こんにちは。晴翔です。

やっぱり炭火で焼いたお肉は美味しいですね♪外はまだ寒かったですが美味しいものを食べるためなら余裕です。

その久しぶりの焼き肉で、友人が差し入れてくれた「かすべの一夜干し」。

あまりの美味しさに感動したのでご紹介します!

かすべ

まず「かすべ」とはエイのことです。

見た目は大きなヒレで、北海道では季節になるとスーパーでよく見かけますね。

通常は煮つけにすることが多く、他にも唐揚げにして食べたりもします。

僕はこの年まで煮つけ以外のかすべを食べたことがありませんでした。

魚のカレイのような食感の身と、それに沿うように軟骨が付いています。

コリコリの軟骨ごと食べられるので骨をよける手間もありません。食べたことない人には新食感じゃないでしょうか。

コラーゲンたっぷりで、近年では美容の為の食材としても注目を浴びています。

さて、そんな「かすべ」ですが、今回初めて『一夜干し』に巡り合いました!

かすべの一夜干し

友人が持ってきてくれたのですが、すっかり写真も撮るのを忘れてムシャムシャ一気に食べてしまいました(失敗。。次に焼肉をする時も絶対買う予定なので撮り次第更新します。)

持ってきてくれたかすべの一夜干しは袋に3枚ほど入っており、そのまま焼けば食べられる状態になっています。

今回は炭火を起こしていたので、そこで炙りつつ、片手には芋焼酎のお湯割りをスタンバイ!!

両面を炙って、いざ実食!

美味い!!!

程よく味のついたホクホクの身も絶品なのですが、コリコリの軟骨が炭火で香ばしく焼き上がり、身との味のコントラストが絶妙です!

そして温かい酒に抜群に合う!

今回は芋焼酎でしたが、熱燗でも最高だと思います。

香ばしい軟骨はヒレ酒として熱燗を飲む感覚にも似ています。

ただ、ヒレ酒では味わえないホクホクの身とのコラボレーションは酒好きの方にはぜひ一度試して頂きたい!

久しぶりに美味しすぎて衝撃を受ける食材に出会いました。

なかなか買えない??

そんな絶品の「かすべの一夜干し」ですが、そもそもどこで売っているのか?

生のかすべはスーパーで並んでいますが、一夜干しは店頭で見たことがありません。

持ってきてくれた友人に聞くと、鮮魚店が内設されているスーパーで「かすべの一夜干し」ありますか?と聞くと入荷している時だけ裏から出てくるんだとか。

普段は店先にも並んでいないため、知っている人しか買えない代物なんです。

旭川近郊のスーパーでの情報なので海産物に強い直売所等では常備されているかもしれませんね。

※追記 乾物屋さんで買えるよとの情報を頂きました!札幌の方は「北海道札幌市中央区大通西5丁目 昭和ビル1F」の乾物屋さんに味付けの良い物が売られているとのことですので是非お試し下さい♪

特に熱燗好き・芋焼酎好きにはたまらない逸品となっていますので、見つけた際にはぜひお試しください!

※追記 『エイヒレ』と『一夜干し』

僕自身あまりわかっていなかった「エイヒレ」と「一夜干し」について調べなおしました。

まず、冒頭でも書きましたが

『かすべ』=『エイ』

です。

そして、エイはヒレの部分しか食べられないので、市場に出回っているのは

『かすべ』=『エイのヒレ』

です。

珍味として売られている『エイヒレ』は、このエイのヒレに味付けし干して乾燥させたもの。

こんな感じで売られていますね。

さて、今回紹介した『かすべの一夜干し』はその名の通り一夜干しなので、肉厚な身が残った状態で販売されています。

↑このお店でもカスベ(エイヒレ)と書いているくらいですので、知らない人は混乱しちゃいますよね。

○まとめ

・『エイヒレ』と『かすべの一夜干し』は原料としてはほぼ同じ、エイのヒレを使って作られる。

・流通量も多いことから『エイヒレ』と言うと一般的に珍味を言う。

・『かすべ』『かすべの一夜干し』『エイヒレ』は別のものと思うと混乱しない。

以上、当初説明が不足して申し訳有りませんでした。参考になれば幸いです。

お取り寄せ

お取り寄せも出来ますよ!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

北海道産 一夜干し カスベ(エイヒレ) 約400g
価格:1580円(税込、送料別) (2017/3/22時点)

近くでは買えなさそうだという方はぜひこちらから♪

ついでに最近ドハマりしている芋焼酎↓

九州に住んでいる親戚が、色々な芋焼酎を試して最終的に選んだ一品。

しっかりと芋の香りがするにも関わらず、嫌味がなくスーッと飲めてしまう間違いなくトップクラスの芋焼酎です。

この二つでぜひ至福の時をお過ごし下さい♪

それではー。

スポンサーリンク

コメント

  1. ふりく より:

    こんにちは。いわゆるエイヒレですね。僕は40年ほど前から食べています(笑)
    東京の飲食店、スナックなどでは普通に昔からありましたね。今もたまに食べてます。
    端っこの堅い所はキッチンはさみで切って捨ててます。そのあと固い方から幅2センチくらいで半分くらいまで全体的に切り込みを入れておくと、焼いた後に食べやすいですよ。
    ちなみに僕の職場のある昭和ビルの(南大通西5丁目 地下鉄1番出口直結)1回に乾物屋さんがありそこでふつーに売ってます。味付けもいいですし、品物もいいですよ。一袋4枚くらい入って1000円だったかな??お試しください。

    • 最上 晴翔 より:

      ふりく様
      コメントありがとうございます!
      東京の飲食店などでも普通にでてくるのですね!全然知りませんでした。
      食べ方もすごく参考になりました!次はぜひ試してみたいと思います♪
      お店も乾物屋さんとは盲点。昭和ビルのお店にも今度足を運んでみますね!

      知りたい情報満載でとても助かりました。本当にありがとうございます!

    • 匿名 より:

      原材料はほぼ同じですが、エイヒレと一夜干しは、全く別物です

      • 最上 晴翔 より:

        匿名様
        コメントありがとうございます。
        美味しすぎた感動の勢いで記事を書いてしまった為、勉強不足で申し訳有りませんでした。
        改めて「かすべ」「エイヒレ」について調べてみました。

        結果、やはり一般的に「エイヒレ」と言うと、しっかり乾燥させた珍味を連想しますね。
        文中にも曖昧な表現があるので修正させて頂きます。
        ご指摘有難うございました!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。