大感動のチーズケーキ!ルタオのドゥーブルフロマージュを生でどうぞ

新之介です。

今日は、僕の昔から大好きな思い入れの強いチーズケーキの紹介です。

皆さんご存知だと思いますが、

LeTAO(ルタオ)のドゥーブルフロマージュ

です。



ここ数年で、全国で爆発的に有名になり、なんと

2014年のベストお取り寄せ大賞金賞(第1位)

を受賞しました。

僕の初めてのドゥーブルフロマージュとの出会いは10年程前です。

父親が富良野の出張土産に

フラノデリスのドゥーブルフロマージュ

を買ってきたのです。

ここで、ルタオじゃないの??と思ったそこのあなた!

後から理由がわかるので、もう少々お付き合いください。

一口で衝撃をうけました。

チーズケーキといえば、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、チーズスフレ

の3種類です。

ドゥーブルフロマージュは、ベイクドチーズケーキの上にレアチーズケーキが

のっているのです!

ベイクドチーズケーキは、チーズのコクが際立つ濃厚味わい。

レアチーズケーキは、マスカルポーネを使用して、ふんわりとろける優しい味。

この2層のハーモニーによる、奇跡のチーズケーキなのです。

この時から、ドゥーブルフロマージュの虜になりました。

ドゥーブルフロマージュを買うためだけに、フラノデリスまで車で4時間かけ、

行ったこともあります。

フラノデリスには、「ふらの牛乳プリン」という

超有名な絶品のとろとろプリンもあるのです。

それから、何年か経ち、

ルタオのドゥーブルフロマージュ

と耳にします。

最初は、

「え?フラノデリスじゃないの??」

と思い、調べました。

ドゥーブルフロマージュの生みの親は、フラノデリスのオーナーパティシエ藤田氏。

藤田氏が、フラノデリスを開店する前に働いていた「ラテール洋菓子店」に、

ルタオのスタッフが研修に来ていたそうなのです。

その関係で、藤田氏が、ルタオで技術指導し、ルタオでも販売することになったそうです。

自分の開発したケーキのレシピを他のお店に指導するって、物凄いことだと思いませんか?

これを知った時、なんて心の広い人なんだ!と感動してしまいました。

ルタオ版ドゥーブルフロマージュも勿論、すぐに頂きました。

フラノデリスと変わらず、絶品です!

こちらでも購入できるので、是非、お試しください。

新しいチーズケーキに出会えること間違いなしです!

お取り寄せや、デパートなどでもルタオのドゥーブルフロマージュは購入できます。

ただ、生ドゥーブルは、

小樽の店舗、札幌駅の大丸店、新千歳空港でしか食べれないのです。

僕が食べてきたお店は、

小樽の「ルタオ パトス」

ルタオ外観1

小樽に来た観光客はほとんどいくであろう、堺町通り沿いにあります。

近くには、ルタオ本店も含め、ルタオの店舗がなんと全部で5店舗もあります!

どこのルタオに入ればいいのかわからなくなるくらいです。

DSC_0311

生ドゥーブル、1個410円です。

その上に「ヴェネチア・ランデヴー」1個350円との表記が。

知らない!なんだこれ!食べてみたい!と思ったのですが、

「完売致しました」と張り紙が。。(店舗に着いたのはPM3時です。)

そんなに人気なのか、、是非次は早く行って食べてみよう!

気を取り直して、生ドゥーブルです。

ドゥーブルフロマージュ

冷凍のドゥーブルフロマージュは、何回も食べましたが、

ルタオの生ドゥーブルは初めてです。

ドキドキしながら、1口。

冷凍よりも柔らかく、本当になめらかです。

上の生クリームは生ドゥーブルだけですね。こちらも上質なコクのある

生クリームを使用していて、とても美味しいです。

やはり、生は別格です!

小樽にお越しの際は、是非一度、ご賞味あれ!

感動すること間違いなしです!

店舗名 小樽洋菓子舗ルタオ本店
住所 〒047-0027 北海道小樽市堺町7番16号
電話番号  0120-46-8825
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。