幻の限定ぶっかけウニ丼!積丹岩太郎商店様、感動をありがとう!!

新之介です。

もう北海道の夏は終わってしまいますが、
みなさんは夏といえばなんでしょうか?

夏フェス、海、キャンプなど色々あると思いますが、
北海道の夏の味覚「ウニ」を忘れちゃいませんか!?

そのウニを山ほど掛けても怒られないお店が積丹には
あるのです!
有名なお店ですが、知らない人には教えたくないって
思うくらいのお店ですが、こんな弱小個人ブログを
見てる人に伝えるくらいはいいですよね!

積丹 岩太郎商店

DSC_0216

本当に正直知らない人には教えたくなくなります。
それは何故か。

朝ウニぶっかけ丼が限定だからです。
その名の通り、積丹で採れたてウニを山ほどぶっかけることが
できる最高のウニ丼のことです。

この日も開店前から行列が出来ていました。
開店前に着いたので、
「あ、この程度の行列なら食べれそうだ!」

しかし、、、なんと開店時間前からオープンして
既に中にはたくさんの人が・・・
店から出てくる人の笑顔ったら、そりゃもう凄いです。
その笑顔が美味しさも全て物語っています。

食べれるのか?食べれないのか?

お店の人が店外に出てきて人数数えてます・・
食べれるのか。食べれないのか?

ドキドキしましたが、なんとかギリギリ自分たちは
食べられるとのこと。でも数人後ろの方がギリギリ
食べれないかもとの非情な通告。

本気で食べたいなら早く着くように行くことを
強くオススメします。

いよいよぶっかけの時・・・

DSC_0225

「朝うにぶっかけ丼」 時価とのこと。
本日は3800円でした。

高いですか?
いえいえ、ウニたくさんぶっかける幸せ、
その量、その味全てを含めれば全然高くないです!

DSC_0226

で、いよいよぶっかけです。
こんなドデカイボールにウニが入っています。
この写真では沈んでいるのでまったく見えないですね。

DSC_0227

こんな感じで網でそーーーーっと底を撫でるような感じで
すくいます。慌ててかき集めようとするのは厳禁です。
ウニは軽いので、ふわふわバラけてしまって逆にたくさん
すくえないとのこと。

大事なのでもう一度書きますが、ボールの端から端まで底を
ゆっくりゆっくり撫でてウニが自然と網の上に乗るような
感じにするのがコツです。

そうすると・・・

DSC_0231

こんな山盛りのウニ丼が出来上がりますから!

とりあえず白いごはんが見えないくらい乗っているのは
分かると思います!
あとは写真だと分かりにくいですが、ウニが
何層にもなっていることが分かるでしょうか?

もしかしたらこの写真みて、なんだムラサキかと
思った人もいるかもしれません。

僕も一瞬そう思いましたが、一口食べてそんなこと
どうでもよくなりました。

積丹のウニはムラサキでもレベルが違う・・・
めちゃくちゃ濃厚。甘いです。
札幌で食べるムラサキウニを想像してはいけません。

ちなみにバフンウニ食べられないわけではないですよ。
「プレミアムレッド」というこの日は限定5食で、
1食9000円で販売してましたよ。

どうしてもバフンウニじゃなければ嫌だという方も
安心して頂けますよ!

ぶっかけ食べられなくても心配しないで!

ぶっかけで使用しているムラサキウニの中でも、質の高いウニは
「海美王」と呼ばれているそうですが、それを3900円で
頂くこともできます!

DSC_0234

ぶっかけがなくてもこちらはまだまだあるとのことだったので、
心配しなくても大丈夫です!

その他にも贅をつくしたいということであれば、
A5ランクの平取牛と積丹ウニとの究極コラボメニューもあります。

DSC_0236

ちなみに毎日やっているわけではありません。

ここ数年、ウニ漁が不漁が続いていているそうです。
このぶっかけが出来るのもウニ漁が出来た時しか
やっていないようなので、予定を立てて食べに行くって
ことが難しいと思います。

が、チャンスが合えば積丹にわざわざ行って食べる価値は
十分にあることは保証します!

道外の方はなかなかそういうわけには行かないでしょうが、
北海道に旅行で来た方はやっていればラッキーくらいの
気持ちで行ってみては如何でしょうか。

間違いなく北海道の夏の思い出に残りますよ!

岩太郎商店 ■店舗名■
住所 〒046-0201 北海道積丹郡積丹郡積丹町美国町美国町 字船澗132-1
電話番号 0135-48-6300
営業時間 10:00~15:00くらい
定休日 11月~4月まで
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。