旭川の銭湯☆地元民に人気の「大雪乃湯(たいせつのゆ)」で疲れを癒そう♪

皆さんは銭湯には行かれますか?

僕の家は父親が大のお風呂好きで、子供の頃から温泉や銭湯によく行っていました。

こんにちは。

晴翔です。

旭川のスーパー銭湯「大雪之湯(たいせつのゆ)」

そんなこんなで行ってきました「大雪之湯」

家族プラス、友人も一人誘って日頃の疲れを癒しにいきます♪

IMG_5970

行ったのが日曜日ということで、結構な混み具合。

皆お風呂好きなんですね。

ウチはふと思いつくと、仲のいい友達を誘って近場の温泉や銭湯に行くことが多いです。

ここは銭湯なのでちょっと違いますが、北海道のいいところは少し車を走らせれば何かしら温泉があるところでしょうか。

ちょっと離れたスーパーに行く感覚で温泉に入れますからね。

ではお風呂へ~。

入場料金

大人(12歳以上)    440円

子供(6歳~12歳未満) 140円

幼児(6歳未満)      70円

ちなみにここは、備え付けのシャンプーや石鹸がありません。

受付で買うか、自分で持ち込みます。

僕はもちろん、マイお風呂セット持参です!

IMG_5968

流石に中の写真は撮れませんが、ここの銭湯は結構広いんです!

中は温度が違うお風呂が2つ(一つの端の方が電気風呂になっていて血流促進の効果アリ)と、ジェットバスが4つついたお風呂が1つ。

それに20人は座れる、テレビ付きの広い「サウナ」があります。

露天風呂は真ん中に円形の「岩風呂」があり、日によって違う薬草等が入っているので、行った日によって香りが違うお風呂が楽しめます。

端の方に3人分のスペースのある「寝湯」。壷風呂が一つ。

そして、少しぬるめでゆっくりと浸かることのできる「檜風呂」があります。

子供もいるので、いつものコースとしてはまず体を洗い、内風呂で少し体を温めてから、露天風呂の「岩風呂」へ。

やっぱり広いお風呂はいいですねー。

あ、この時期の北海道では露天風呂に入る前には、内風呂で体を温めるのは必須です!

夜の気温はもうマイナスですからね。

まだちょっと少ないですが、これからガンガン雪が降ってきますので、図らずも雪の露天風呂です♪

子供の頃はよく雪玉ぶつけ合って遊んだものです。

裸の付き合いと言いますか、この状況での友達とのおしゃべりは、話が弾みます!

まぁ子供はそんなに長風呂もできないので、ちょっとしゃべり足りないくらいの時に「もうでるー」ですけどね。

子供が温まったら最後に出口付近にあるシャワーで体をもう一度流して出ますよ。

お風呂上がりのビール!!

IMG_5963

美味い!!!!

お風呂上がりはやっぱりこれですね!

中ジョッキ400円(税込)

大ジョッキでも600円(税込)!!(写真は中ジョッキ)

飲み物がすごく良心的な値段で販売されております。

ソフトドリンクも(大)で150円。(小)で100円です。

でも、お酒が飲めないときはフルーツ牛乳かなぁ♪

これが一番の楽しみかも!?

さて、今回は夕方から夜にかけて行ったので、こちらで晩ご飯です。

ちなみに休憩所も広く、畳のフロアと堀ごたつのフロアがあるので、好きなところで自由に飲食できます。

僕はビールのつまみにしつつ、お腹も減っていたので「さば味噌煮定食」

IMG_5966

友人は「天そばセット」

IMG_5964

嫁と子供で「天丼」です。

メニューを写メしたつもりが、何故か消えてしまっていて値段は覚えてないんですけど、大体どれも500円くらいのお安さです!

メニューの種類もこの他、「カレー」や「らーめん」、「豚丼」など少なく見ても30種類以上はあり、お子様メニューも豊富。

子供がいると、座敷の方が食べさせるのも楽ですし下手なファミレス行くよりはのんびりご飯が食べられます。

味はまぁ普通って感じですが、家族全員で入浴料とご飯代と僕のビール代足しても

3000円未満ですからね。コスパとしては十分満足です。

晩御飯を済ませてしまえば、あとは帰って歯を磨いて寝るだけ。

次の日の英気もしっかり養って!

たまにはこんな休日の締め方もいいもんですよ♪

それではー

店舗名 大雪乃湯
住所  北海道旭川市永山2条7丁目1-55
営業時間  平日12:00~24:00 土.日.祝日10:00~24:00
冬季営業  11月~3月は23時終了
定休日  無休

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。