ウッドバーニングが面白そう!木製品のまち旭川の新たな楽しみに!?

先日お昼ご飯を食べながら何気なくヒルナンデスを見ていたら、ウッドバーニングなるものが紹介されていました。木を焦がしながら絵を描くというものなのですが、すごく楽しそう!

こんにちは。

絵心も無ければ字も下手な晴翔です。

ウッドバーニング

まずはウッドバーニングの説明から。

ウッドバーニングとは木製品に熱を加え、部分的に焦がし焼き目を付けることで、その木に様々な模様や絵を描いていく最近徐々に人気が出つつあるアートの一種です。

使うものは主に電熱ペンと呼ばれるもの。

このペンで木を焦がしていきます。

温度調整が出来るかどうかで、値段も少し変わってきます。この温度調整により、焦げ目の濃淡を変えることができるので、細部までこだわりたい方や、木目が強い木に描きたい方は高グレードの方がおススメのようです。

僕も今回初めて知ったので動画を拝借。


必要な道具としては電熱ペンの他に

〇チャコペーパー

〇トレーシングペーパー

〇スポンジ

等があるといいようです。

描く素材はなんでもいいのですが、木の種類や色合いによって難易度も変わるようですね。コルクや革製のものでも出来るみたいなので、最初は特にこだわらずにやってみるのもいいかも。

ウッドバーニングの画像を検索すると、しゃもじや木のスプーン、コルクのコースターなどが多かったので、入門編としても面白そう♪

最近はDIYも流行っているので、自分で作った家具や小物に名前や模様を入れるなんてのも楽しそうですね。

北海道ではまだまだ知られてない?

過去には木工の街として栄えたこの旭川。

何かしらのものはあるのだろうと期待して検索してみましたが特に無し。

あれ?

かろうじて引っかかったのが、2年ほど前に旭川市科学館「サイパル」で行われた市民木工教室での小物入れ制作くらい。

同じく木製品で有名な隣町の東川でも特に取り上げられていませんし、北海道全体で探してもこれといったものはなかなかヒットしません。

もちろん個人で画像などをアップされている方もいましたが、それくらいでした。

(サクッと検索して探したくらいですので見逃してたらすみません)

東川町なんかは、薪ストーブの方もたくさんいるくらい木の調達も難しくない地域ですし、ウッドバーニングを使った催しとか贈り物とか面白そうなんだけどなぁ。

ということで、旭川近郊の方でウッドバーニングでこんなもの作っているよ!ココで売ってるよ!なんて情報あればお邪魔したいなと思いますのでご一報下さい♪

ハードルは低そうですし、老後のちょっとした趣味なんかにも最適ですよね。

僕も友人へのプレゼントを何か作れたら面白いなぁと思いました。近々やってみようかなぁ?

それではー。

by晴翔

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。