超定番!「すみれ」を食べずに札幌味噌ラーメンは語れない

新之介です。

今年一発目のラーメン記事です!
ブログを初めてずっと一度はここの記事書きたいなと思っていた
定番中の定番のお店です。

すみれ 札幌本店

休日に行くと行列が出来ていますが、この日は平日の開店直後。
さすがに並ばずに店に入ることができました!

ちなみに車で来た場合は、店舗前に駐車場はありますが
混んでいる場合は非常に駐車する難易度高いです。
(特に冬は更に路肩の雪山と合わせて、すれ違いとか難しい)

自信が無い方はおとなしく徒歩またはタクシーなどで
行くことをオススメします!

すみれのざっくり歴史

このすみれの歴史は昭和39年まで遡り、松中明子さんという方が
中の島に開いたラーメン屋が最初だったそうです。

その時の店の中「純連」と書いて「すみれ」。
開店当時から評判となり人気店だったそうです。

その後、松中明子さんの元で修行した三男の松中伸宜さんが
「すみれ」の名前で平成元年に店を出したのが、現在のお店だそうです。

注文は迷わず味噌ラーメン

店内に入ると、さすがの「すみれ」。
天井までビッシリと著名人の色紙が飾られています。

写真だと分かりづらいですが、高い天井の上まで
飾れている様子です。貼るのも大変そうです(笑)

メニューです。
味噌、塩、醤油、昔風と色々揃ってはいますが、
どうしても毎回味噌を食べてしまいます。

はい。来ました!

ラードの膜のお陰でアツアツなのに湯気が少ない!
寒い北海道の冬でもラーメンが冷めにくくするためって
昔誰かに聞いたことがあります。

実際その通りで、本当に口の中がヤケドするくらい
アツアツなんです。

すみれのスープの特徴はアツアツさと濃厚味噌がガツン!と
来る感じです。
昔から親しんでいる味なので、札幌味噌ラーメンだなぁって
食べているとしみじみ思います。

そして、麺もコシのある縮れ麺です。
この麺も札幌市民は好きなんですよねー

実は塩も美味しいんです

奥さんは塩を頼んでみました。
前に本店ではなく千歳鶴の中の「すみれ」で食べた時に
美味しかったので再度頼んでみました。

さっぱり塩ではなく、濃厚な塩という感じでしょうか。
しょっぱいというわけではなく、深みのある塩で非常に美味しいです。

味噌ラーメン苦手って人には、塩ラーメンがオススメできます!

おまけの「おにめし」

ご飯の上に錦糸卵がたっぷり乗り、別皿で来た
三升漬を乗せたところです。

三升漬けって北海道の郷土料理だったんですね・・・
今調べて知りました。

三升漬けとは、青唐辛子の醤油漬けのことを言います。
非常に辛いですが、ご飯や冷奴なんかに乗っけて食べると
病みつきになって止まりません。

もし食べたことないなら、一度食べてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、晴翔の家で作ってる三升漬けも絶品です!

店舗名 すみれ札幌本店
住所 〒062-0922 北海道札幌市豊平区中の島2条4丁目7−28
電話番号 011-824-5655
営業時間 11:00~21:00
定休日 年中無休

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。