完熟牡蠣のオイスターソースをお取り寄せ!青空レストランで紹介

2016/3/19放送の青空レストランで、宮城県気仙沼市の新名物

スポンサーリンク
【お取り寄せ】レクタングル大

完熟牡蠣のオイスターソース

が紹介されました。

震災後、復興を目指しながら開発した、石渡商店の最高級のオイスターソースです。

牡蠣は、生食では、11月~12月に食べられることが多いです。

しかし、このオイスターソースに使うのは唐桑地区産の牡蠣で、3月~4月の産卵を控え、身がぎっりし詰まった濃厚クリーミーなものを使用しています。

そのめちゃめちゃ大きい焼き牡蠣を食べた宮川大輔さんは、

「うわー!うっまーい!」と絶叫していました。

唐桑の牡蠣は、加熱すると旨みが増すのそうです。

オイスターソースの作り方

通常のオイスターソースの作り方は、牡蠣を塩ゆでにし、調味料で味をつけます。

しかし、名人の作り方はまるで違います。

①牡蠣を丸ごと使うため、牡蠣をミンチにします。

②酵素を入れ、混ぜ合わせます。(身を溶かすため)

③80℃に温め、牡蠣の中にあるたんぱく質を分解し、旨みを失うことなく液体にします。

④醤油、水あめ、黒糖、水溶き小麦粉を加えます。

⑤4時間煮込み、瓶詰にし、あたためて熟成します。

牡蠣は口で噛んだだけでは全部の味を楽しめないのです。

それを溶かすことで、味がもろにのっかってくるといいます。

震災後に復興を目指し、開発を開始した苦労の賜物

震災の年の夏から開発をスタートし、2013年に完成しました。
開発には、2年を費やしました。

石渡商店の方は、「私たちの力ではなく、色んな人たちの力で出来た商品だ」とおっしゃっていました。

震災から復興まで、様々な壁を乗り越えたからこそ言えた言葉だと思いました。

深いです。思いが詰まっています。

普通はしょっぱくて舐めれないオイスターソースを宮川大輔さんは舐めてみました。

「あーうまい!おー濃い!しょっぱくない!」

「焼き牡蠣の味がぎゅーっとつまってる!」

大絶賛でした。

オイスターソースのお取り寄せは?

こちらでできます。

絶品オイスターソースを食べて、気仙沼の復興を応援しませんか?

こちらは、2個セットで送料無料です。

スポンサーリンク
【お取り寄せ】レクタングル大
スポンサーリンク
【お取り寄せ】レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。