登別温泉旅館の老舗!1858年創業の第一滝本館をレポート

新之介です。

札幌近郊では既に紅葉のピークを終えて、
いよいよ冬モードに入ってくるころですが、
こう寒くなってくると温泉でゆっくりしたい!

ということで、先日行ってきましたので
レポートします!

登別温泉 第一滝本館

dsc01813
dsc01818

北海道の温泉の中でも登別温泉が、僕個人的には
とても大好きな温泉のひとつです。

その登別温泉旅館の老舗のひとつ、第一滝本館です。

創業はなんと1858年創業とのことで、2016年でなんと158年続く
老舗中の老舗ですね。
売りは何と言っても1500坪という、もう訳のわからない広さの
大浴場です。

そんな第一滝本館は北海道遺産の地獄谷の麓にあります。
dsc01962

相変わらずの圧倒的な地獄感(笑)
硫黄のニオイがまた地獄感にピッタリです。

でも、なんだか昔と比べると湯気の立ち具合が
収まって来ているような・・・
自然の現象なのでしょうがないですが、寂しい感じがしました。

ちなみに紅葉のピークに来れば、この緑の木々が赤く染まるので
とても紅葉スポットとしても有名なところです。

まずはお部屋のレポート

泊まったのは本館の4人部屋です。
非常に細かい配慮がありリラックスして過ごすことができました。

dsc01842
dsc01843

10畳の和室と4畳半くらいのソファースペースです。
テーブルには登別まんじゅうが用意されていました。

dsc01849
dsc01848

dsc01850

洗面所、トイレ、お風呂はそれぞれ別。
これは地味にかなり嬉しい構造です。

僕は温泉に来て部屋風呂に入ることはないのですが、
海外の方とかシャワー文化の人とか嬉しい配慮なのかもしれませんね。

dsc01853
dsc01854

部屋から見える風景。左が中庭で右が正面の山です。
紅葉時期なら目の前が紅葉に染まるのでより格別でしょう。

dsc01845
dsc01847

後はポットには冷たい登別のお水と、冷蔵庫の中は最後に
精算するタイプの飲み物ですね。
この辺は昔から変わってないですね。

dsc01839

あと部屋ではないですが、子供用の浴衣なんかは
ロビーに用意されていましたよ。

子どもが嬉しいプール

流石に写真を撮ることはできないですので、
文章になっちゃいますが。

プールは水深1mの25mプールと、大人の膝下くらいの水深の
ちびっこが遊ぶプールがありました。
ちびっこプールにはそこまで大きくはないですが、
ウォータースライダーまでありました。

大浴場の更衣室から一度お風呂の入り口に入って、
階段で下に向かうとプールでした。
もちろんお風呂と繋がっていたのは男風呂だけなので女性の方は
安心してください。

水着やゴーグル、ビーチボールのレンタルもありました。
お金は部屋付できるので、手ぶらで大丈夫です。

圧巻の1500坪の登別温泉

もう写真無しに説明は不可能です(笑)

もうとにかく広いです。湯船の数35もあるそうです。
お風呂好きにはたまらないです。

熱風呂、温めのお風呂、ジャグジー、歩行浴、寝風呂、
ミストサウナに普通のサウナと考えられるものは
大体あると思ってもらって大丈夫です!

そして極めつけが露天風呂。部屋から見える風景が
露天風呂からも見えます。

そして一番の感動。お風呂でお酒が飲めます!

ビール、升酒、日本酒が露店風呂に併設の売店みたいな
ところで買えちゃうんです。
こちらもレンタル同様部屋付出来るので安心してください。

これには流石にビックリしました。
露天風呂に入りながらお酒なんて憧れじゃないですか!

ただし、露天風呂のお酒販売は20:30までですので、
楽しみたい方はお早めにどうぞ。

カニ!ステーキ!イクラかけ放題!夕食のバイキングレポート

dsc01861
dsc01863

季節に応じてメニューが変わるようですが、
今回は「秋ビュッフェ収穫祭」ということで
秋の味覚が満喫してきましたよ!

やっぱりついついたくさん取っちゃうんですよね・・・

dsc01891
dsc01892

dsc01901

ビュッフェ会場の雰囲気はこんな感じです。

dsc01864

キッズコーナーです。
オムライス、ハンバーグ、ポテト、ザンギ、
そしてチョコレートファウンテンと子どもが
喜ぶものは一通りありますね!

dsc01874
dsc01876

実演メニュー的なのは牛ステーキと天ぷら(エビ、舞茸など)。
出来たてアツアツを食べることができます。
やっぱり旅館のバイキングはこういうサービスがうれしいですよね!

dsc01881
dsc01886

北海道と言えばカニ!
カニはもちろんいくら食べてもOKですよ!

個人的にはズワイガニじゃなく毛蟹が食べたかったー

そして海鮮丼。
イクラかけ放題、マグロ、漬けマグロ、エビ、タコと揃ってます。
イクラのかけ放題はちょうどこの時期ならではですよね。
最近はスーパーのいくらも値上がり傾向なので、かけ放題は
道産子的にも非常に嬉しいです!

dsc01869
dsc01879

サラダコーナーや3種の新じゃがにラーメン。
ラーメンはその場で注文したら作ってくれますよ!

dsc01873
dsc01883

ドライカレーや牛肉がトロトロのビーフシチューや
白米(特Aのななつぼし)が進む和食系のメニューも豊富にあります。

dsc01865
dsc01866

そしてデザートコーナー!
ケーキの種類だけでも8種類!
秋限定ケーキとしてはかぼちゃケーキもあって
美味しかったですよ!

dsc01867
dsc01868

僕はケーキよりもフルーツの充実具合が嬉しい。
メロンもよくバイキングである、あまり甘くないメロンではなく
本当に甘くて美味しいメロンでした!

dsc01884

そして5種類のアイス。
抹茶、北海道産クリームチーズ、チョコレート、バニラ、
カベルネ・ソーヴィニヨンでした。

どれもこれもアイスが美味しく、特にカベルネ・ソーヴィニヨンが
さっぱりとワイン風味の効いたアイスが特に美味しかったです!

子どもというとアイス食べ放題に大興奮でした。
さすがに大人がたくさん食べてるのに、一種類だけとも
言えずに今日だけは特別とたくさん食べてましたね(笑)

朝はやっぱり温泉タマゴ!朝食バイキング

朝食も会場は同じで、場所は自由席でした。
普段は朝あんまり食べれないのですが、なぜか旅館の朝は
お腹が空いてるんですよね。

朝から温泉に入ると体が目覚めてお腹空くんですかね?

dsc01931
dsc01919
dsc01938
dsc01923

和食派の人はこの辺が気になるところですかね!
温泉卵に卵焼き。湯豆腐に鮭にニシン。
そしてタラコ。書いてないけどきっと虎杖浜のだと思いたい(笑)

dsc01935
dsc01933
dsc01928
dsc01941
dsc01924
dsc01929

パン派の人は、クロワッサンなど4種類の焼き立てパンやフレンチトーストと、
きのこのキッシュや北海道産チーズのポテト、シリアルなんかがありました。

あとは、コーヒーや牛乳、オレンジジュース、野菜ジュースと飲み物を
充実していましたよ。

ゆったりとした時間を過ごせて大満足

行く前はアジア圏の旅行客がたくさんいてうるさいかなと若干不安でしたが、
今回行った時期がよかったのか、ほとんど日本人客でお風呂でも、
食事会場でもうるさいなと思うこともなく非常に大満足でした。

ただ、海外観光客が北海道の観光地を支えているのも事実。

むしろたまにしか来ない道産子が勝手に不安がるなと
思われるかもしれませんね(笑)

登別温泉の第一滝本館は、是非ともまた訪れたい旅館でした。

圧巻!1500坪の大浴場に溢れる7つの湯。
北海道遺産「地獄谷」ふもとの創業158年の老舗旅館。

ご予約の方は左の写真をクリック!  

※ペット(犬のみ)宿泊可能なお部屋もあるみたいです!

 限定2部屋のみのため、お早めにお問い合わせ・ご予約

 することをオススメします!

店舗名 登別温泉 第一滝本館
住所 〒059-0595 北海道登別市登別温泉町55
電話番号 0143-84-2111
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。