第6回羽幌甘エビまつりが6月25日~26日の2日間開催!北海道の初夏の”旬”を堪能しよう♪

山に囲まれた旭川に住んでいて、海を見に行こうと一番最初に考えるのは留萌です。

その留萌から小1時間ほど車で海沿いを北に進むと出てくるのが羽幌の町。

海の町、羽幌の日本一を紹介するお祭りがあります♪

第6回 羽幌甘エビまつり

日程 2016年6月25日(土)~26日(日)

時間 10:00~15:00(甘エビの販売は9:00~開始)

場所 はぼろバラ園(道の駅 ほっとはぼろ内)

雨天決行

1506甘えびB2_3B

日本一の水揚げ量 甘エビ

羽幌は甘エビの水揚げ量が日本一を誇ります。

その獲れたて新鮮の甘エビがふんだんに楽しめるお祭りが6月の最後の土日で開催されますよ。

会場では新鮮な甘エビはもちろん旬の海の幸も格安で購入できます。

また、主役の甘エビは生で食べられるのはもちろん、甘エビの産地ならではのエビを使ったご当地グルメが食べられますよ!各種お店が腕によりをかけて競い合うのでぜひ食べ比べて下さい。

ちなみに昨年のお祭りではなんと12トンもの甘エビが完売してしまったそうです!

EBI-麺・めしサミット

お祭り当日限りの限定メニューが登場!!

えび・めん・めしサミットと題してオリジナル甘エビ料理が楽しめます!

パスタに坦々麺、お鮨にリゾットなど地元のお店が腕によりをかけた料理で勝負しますよ!

それぞれ限定数量が決まっているので、売り切れ注意です。

羽幌屋台村

会場では新鮮海の幸が楽しめる「羽幌屋台村」が登場!

30店舗にもなるお店では、大好評の”浜鍋”をはじめとした羽幌ならではの美味しいが並びます!

この屋台村で使用されるお米は全て羽幌産ということで、美味しいご飯にも期待です。

イベントスケジュール

6月25日(土)

10:00 ファンファーレ・ブラスバンド演奏

10:30 動物戦隊ジュウオウジャーショー

11:30 リボンちゃんステージ

12:00 ぷりぷり甘エビぴったんこ

13:00 オロ坊記念撮影会・オロ坊輪投げゲーム大会

13:30 リボンちゃんステージ

14:00 動物戦隊ジュウオウジャーショー

6月26日(日)

10:00 PL MBAバトントワリング

10:30 バルーンアーチスト♪あい

11:00 ダンスチーム「Smugface」ステージ

11:30 はぼろ甘エビまつり大食い決定戦!!

12:00 オロ坊記念撮影会

12:30 ダンスチーム「ラッシュ」ステージ

13:00 バルーンアーチスト♪あい

13:30 ファイターズガールステージ

14:00 オロ坊輪投げゲーム大会

同時開催 エビまつり

なんとこの日、別の場所でもう一つのエビまつりが開催されます!

それが

第56回 尾岱沼(おだいとう)えびまつり

別海町で行われるえびまつりです。

13221547_1735952953308516_8682020811309237967_n

こちらは同じえびでもメインは「北海しまえび」

道東ということでかなり距離があるのですが、一度は行ってみたいですね。

さて、この同時開催ですが実は狙って行っているんです。

そしてそのコラボ企画がこちら

スタンプラリー

超ロングエビスタンプラリーと題して、それぞれの会場でスタンプを押した方へ先着3名様に豪華景品が!!

景品はなんと

「甘エビ」2kg + 「北海シマエビ」2kg

合計 4kgのエビが貰えます!

先着3名とはいえ、スタンプを押して回るだけで豪華な景品が貰えるなんてすごい!!

・・・とは北海道の人間なら思わないですよね。

移動距離が半端じゃないです。

羽幌ー別海 間が片道約7時間。

たとえば旭川から参加だと、羽幌まで2時間。別海に移動で7時間。旭川に直接帰るとして6時間と考えても、移動だけで15時間かかります。

北海道は広いなぁ、、、。

それでも前年は40人以上の方が参加したみたいです!びっくり!

まぁこんな機会がないと、なかなか行けないですし、企画はすごく面白いですよね!

時間に余裕のある方はドライブがてら是非参加してみて下さい!(スピードの出しすぎには注意ですよ!)

アクセス

会場は羽幌の道の駅です。

車で行く場合は国道232号線を通っていくことになりますので、ほとんど迷うことはないでしょう。

haboro-kaijou

ただ、この案内図を見てもわかる通り、駐車場が点在しています。

シャトルバスが運行している駐車場もありますので、無理せず停めやすいところを探してください。

施設名 道の駅 ほっと・はぼろ
住所 北海道苫前郡羽幌町北3条1丁目29
問い合わせ先 羽幌町観光協会
電話番号 0164-62-6666

新鮮で美味しいぷりっぷりの甘エビ!!

こういったイベントで、たくさんの海の幸を堪能できるのは海の街の良いところですよね!

今が旬の甘エビをぜひ現地へ食べに行って下さいね!

それではー。

by晴翔

↑羽幌の甘エビをお家でも♪

↑同時開催、別海町尾岱沼(おだいとう)の北海シマエビをお家で♪

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。